第5章現場は失敗の宝箱

現場で作業を進めるときに間違いが起きる。この間違いの大半はヒュウマンエラー、このヒュウマンエラーをいかに少なくするか又はゼロにするか永遠の課題である。建築というものが現地一品生産である限り、現場での間違いは無くならないと思う。ではどうしたら少なくできるか、現場作業をできるだけ少なくする。規格、既製品を使う。現場作業の単純化、標準化。こういったものを突き詰めていくと設計者にとっては全くおもしろくない単純な形の建築しかできなくなる。しかし建物は人間が使うものである。機械が使うわけではない。まして景観という形で環境にも影響してくる。やはりおもしろいデザインがいい。そうすると間違いが起きやすい建物になる。ああどうしたらよいだろうか。こんな堂々巡りのようなことを考えても仕方がないので、もっと違った観点から考えてみよう。現場での作業は絶対ヒューマンエラーが起きる。その間違いを間違いでなくする方法が無いだろうか?逃げを考える。それも一つの考えである。逃げとはクリアランス、誤差、許容範囲など、例えばRC打ち放しの建物で外部サッシに網戸が付く。サッシの基準図では上端のチリは15ミリとなっているが、もしコンクリートの精度が悪く、10ミリを切ったら網戸が付かなくなる。それではコンクリートをはつってもう一回打ち直す。これも打ち継ぎがうまくゆかない。じゃ最初からコンクリートが5m/mから7m/mくらい下がっても網戸が取り付けらえるようにしておけばいいではないか、20m/m、シーリーングの接着も問題ない。こういった考えが逃げを考えた建築といえる。あらかじめ間違いが起きそうな所を予想しておき、間違いのパターンを分析して、その大半の場合が起きても大丈夫なようにしておく。もちろん施工精度をよくしてこのような逃げを考えなくてもいいようにすることが理想であるが、なかなか思うようにはいかない。ではその間違いをどのように発見するか。建築も病気と一緒で早期発見が痛手を少なくする最前である。

  1. 施工手順に基づいたチェックシートを作り工程ごとにチェックをする。
  2. 間違いのパターンの統計を取りその許容範囲を把握する。
  3. 間違いが起きたときの修正方法をあらかじめ考えておく。
  4. 間違いが起きたらあわてず騒がず、よく分析して最前の方法を見つけだす。間違いを隠すのは間違い。起きてしまったことは仕方ないので少々時間が掛かっても的確な修正方法を見つけだす。急がば回れの精神である。
  5. どうして間違いが起きたかよく分析し(きちっと記録を取って)二度と起きないようにする。(2度3度と同じ間違いを繰り返さない)
  6. それでもどうしようもない間違いが起きてしまった場合それが許容範囲であれば勇気を持ってやり直す。

こういった心構えであれば間違い、失敗も継ぎのステップの貴重資料となるはずである。現場は失敗の宝箱とはそういった意味である。以下にチェックシートの一部を掲載します。

            

 工事監理チエックシート

    ( 在来軸組 )

監理者

準備工事

  □/ 地下水位はどこか。

  着工日 /

  なわばり

 

  やりかた

基礎工事

D13か。   L・CONのFcは18N/u以上か。(伝票確認) LCONのスランプは18p以下か。(伝票確認)     350o以上か。 M以下か。

         か。

木工事・内外装工事

  ープ)

        をしたか。 

(36o角)は455oピッチに入れる(ジョイントW) る。

            (縦方向→上側横の順番)

  る。   o壁150o(周囲200o)となっているか。  

        

したか。

      

  ンド ペーパー)    

       

を出さない。 

 

竣工日  /